薄毛ケアと白髪ケアを両立させることってできる?おすすめの方法はなに?

薄毛が気になるが、白髪も何とかしたい。髪の毛の悩みは複数出始めると、対処がかなり難しかったりします。
特に白髪と薄毛のデイリーケアは、なかなか両立する方法がない。
髪の毛を染める行為を単発で行う、染める時期は薄毛ケアをやめるなど、どちらかを諦めざるを得なかったりします。
しかし、本来薄毛も白髪も原因は頭皮のコンディションが悪いせいとも言えます。だとすれば、原因解決は両立可能なはず。
そんなわけで、椿オイルをケアに使うことにしました。

髪の毛が薄い、そして白い、どこから手を付けていいのだろう。

そもそも、あまり髪にボリュームがなく、いわゆるトップがつぶれてしまう髪の毛でした。
しかし若くて髪の密度がある場合は、分け目などの工夫で多少乗り切ることが可能、しかし加齢と、おそらく眼精疲労、そして持病の服薬がまずいのか、サイドとトップの髪の毛が見るも無残に薄くなってしまったのです。
そのため、当初は育毛剤や頭皮ケアアイテムを多用。
そうこうしているうちに、今度は加齢により白髪が出始めてきました。当初は数が少なかったため、一時的にセルフケアで髪を染めて置けば問題なし。またボリュームアップと白髪ケアを兼ねる商品を使ってもいますが、薄毛も白髪も進行自体を止めることはできず。さらにいろいろなことをするので髪の傷みも悪化。
どんどん髪の毛がみっともなくなっていくのだが、どちらも対処方法がない、そもそもどちらを優先すればいいのか分からないという状況になってしまったのです。

椿オイルで地肌をケアすれば、髪の毛は綺麗になる

まず白髪染めと薄毛が両立しない原因として、カラーリングが頭皮によくないということが挙げられます。
ということは、日頃から簡単に頭皮や髪の毛をケアをできるようにしておけばよい。

しかし、いわゆる頭皮ケア専用アイテムは、カラーと相性が悪いことも多い、そのため、よけい事態がこじれてしまったのです。
ということは、ヘアケア、頭皮ケアと分類をせず、万能商品を使えばいいのでは、と思ったのが発端です。

髪の毛をケアする万能商品と言えば、椿オイル。オイルケアにあまり縁がなかったこともあり、ヘアケア頭皮ケアの両方を兼ねる意味で購入しました。

そこで判ったことは、オイルケアの場合、シャンプー前にクレンジング&保湿という方法が可能であること。
洗う前にオイルマッサージをしておけば、育毛効果は出る、髪は傷まない。
カラートリートメントやヘアマニキュアを使い、白髪染めもできるということ。

髪の毛に複数の悩みがある場合は、汎用性の広いアイテムを

そもそも髪の毛に複数のトラブルが起きるということは、頭皮に問題がある可能性が大きい。
つまりピンポイントでの解決はそもそも難しい状態であることが多いのです。

そこへ無理に何かに特化したアイテムを使おうとするから、よけいに事態がややこしくなり、白髪も薄毛も解決されない、むしろ髪の毛が傷んでしまうという悪循環を招きやすくなるのです。

こんなときは、オイルのように、シンプルで汎用性の高いアイテムを使い、ケアの方法に柔軟性を持たされば、あまり袋小路に入らずに済みます。
その代わり、白髪や薄毛が劇的に改善されたり、カバーされるということもありません。
カバー方法については、やはり別のアイテムを用いる必要が出てきます。

ただし頭皮をケアしておけば、カバーアイテムも使いやすくなるというメリットもあります。
髪の毛の悩みがこじれてきたときは、あまり特定の効能にこだわらない方がいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です