傷みと乾燥で悪化したくせ毛にはヘアクリームが最適?乾燥におすすめのヘアケアまとめ

まず、このケアをすることによって髪の毛自体の乾燥を防ぐことが出来ます。
また、乾燥を防ぐことでバサバサと髪の毛が広がってしまうのをしっとりと抑えることが出来ますし、特に私のようなくせ毛はただでさえつやが出にくく傷んで見えてしまいがちなのですが、しっとりまとまることによってくせ毛でおつやのある綺麗な髪の毛に仕上がります。
ケアを続けることによって、特にお出掛けとかでない場合はヘアアイロンを使わなくても大丈夫なまとまり具合になったので、髪の毛を余計なダメージを与えなくて済むというメリットもあります。

傷みと乾燥でぱさぱさになってくせが悪化

もともと私はくせのある髪質だったのですが、子供のころからずっとロングヘアでそれなりに重みがあったせいもあり、あまり酷いくせが表れることもありませんでした。
大人になってからは少しくらいのうねりは毎朝軽くヘアアイロンを使えばすむ程度でした。
しかし、出産を機に髪の毛を肩くらいまでバッサリ切ったところ、かなりうねりが出てきてしまいました。
うねってまとまらないため毎日ヘアアイロンを酷使していたのと、育児中できちんとしたヘアケアもせずにいたところ乾燥と痛みでくせ毛がさらに悪化してしまい、パサパサで広がりやすくなってしまいました。
髪の毛が傷んでつやがなく、また、ヘアアイロンもあまりに傷んだ毛先には効果もなくどんどんまとまらない髪の毛になる一方でした。

シャンプー後のクリームでのケアで乾燥対策

そこで私はこのパサパサでまとまらない髪の毛のくせをなんとかしようと思い、夜用ヘアクリームを使ってケアをすることにしました。
私がやっているケア方法は、まずお風呂上りに髪の毛の水分を軽く吸い取ったところにヘアクリームを毛先中心にしっかりと馴染ませるというものです。
ヘアクリームは油分がしっかりあってオイルよりもこってりしているので、水分がまだ髪の毛に残っているうちに使うと髪の毛の乾燥をしっかりと防いでくれる効果があります。
その後、普段通りドライヤーで乾かしてケアはおしまいです。
そして夜寝る前、毛先などの乾燥がひどい部分にのみほんの少しだけエアクリームを塗ってから寝ます。
すると、翌朝の髪の毛がバサバサとすることなく、まとまりやすくしっとりしています。

気になる箇所にはしっかりクリームをもみ込むとより効果的

くせ毛はただでさえまとまりにくく大変ですが、私はヘアクリームを使用するようになってから短めの髪の毛でも落ち着くようになりました。
くせ毛の人は乾燥しやすい髪質の人も多いと思うので、しっかり潤いを与えてあげることによって少しは扱いやすくなると思います。
ただ、私もそうなのですが髪の毛が細めの人はクリームをつけすぎると今度はボリュームがなくべたっとした髪の毛になってしまうのでそこだけ量を注意して下さい。
また、つけるときにはくせの気になるところや乾燥の酷い個所はちょっとクリームをもみ込むようにつけるとしっかりまとまりやすくなる気がします。
こうすることでくせ毛を活かしたスタイリングになって、ヘアアイロンなどの余計なダメージを与えなくて済むようになるのでおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です