白髪染めで髪が傷んだ!ダメージケアの方法をまとめてみた

髪の毛の染め方について市販の白髪染めではなく、髪の毛のケアもできるトリートメント剤を使います。

ひと月に何回も使います。

それは、トリートメント剤なので、ケアを重視しているため、専用のシャンプーを使わないと一回で染めたところが取れたりするからです。

日頃から、染めていない時も、美容院で売っているようなシャンプーリンスを使っていくとダメージも克服され、悩みから解消されます。

美容院に行く回数は減るため、節約にもなります。

白髪染めにより髪がパサパサなったことについて

今使っているトリートメント剤は、少し高いと思い、それよりも安くていろいろなヘアーキャップやトリートメント剤を塗る刷毛や黒のタオルなど付属品がついてくるものを使っていましたが、毎日シャンプーして染めるのは、あまり効果がありませんでした。

シャンプーを使っているときはいいのですが、時間がたつと髪がパサパサしていました。

そのため、ドライヤーで乾かす前に、ハンドタオルの美容院で使われているという1枚千円ぐらいするタオルでタオルドライをしてから、必ず、乾かす前にはクリームをつけます。

乾かすドライヤーも髪に優しいものを使います。

そういう風に顔と同じくらい髪にも気を使うと少しずつ変わってきました。

紫外線防止にも気を付けるともっと良いです。

トリートメント剤と同じところが出しているシャンプーを使うケア

髪の毛が痛まず、また、色落ちしにくいシャンプーを使うだけではなく、ビタミンB6など髪の毛によいとされるサプリメントも同時にとるという対策方法です。

日頃から同級生とも情報交換もしており、お互いによいことは伝え合うようにしています。

その友人も、シャンプーだけでなく、薬局でも白髪によいとされるサプリメントをとるなどしています。

ボリュームのないことを気にしているので、その友人は以前使った高価な化粧品会社が出しているシャンプーのお得に買える期間に購入し、試して2週間ほどで家族もわかるほどボリュームが出てきたそうです。

いろいろ良いことはそういう風に試して、私自身も、これからもいろいろ良いことは試していきたいです。

口からも栄養を取ることによって髪も健康になる

髪の毛の1本1本でも、栄養はいきわたることによって、それぞれの悩みは少しずつ解決されていきます。

諦めずに、いろいろな同じ悩みの人とと情報交換し、お互いに報告しあうことです。

そういうことの積み重ねが髪の毛に対しても長続きできる対策ができます。

髪の毛が元気だと多少化粧がおろそかでも大丈夫です。

美しい髪づくりのために自分なりのやり方だけではなく、自分の足を使っていろいろな情報を得ることです。

まず薬局などで話をするだけでも何かきっかけがつかめます。

いろいろな薬局に行って、販売登録者の方と気軽に話をしてみると目からウロコの情報をいただけることがあります。

また、それを友人には教えておけば、また自分にもいろいろな情報をもらえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です