思春期に直毛だった髪にうねりが出ることってある?原因について解説します

生まれつき直毛でサラサラだった髪の毛が、思春期に入り周りの環境が良くなかった事もありストレスを過剰に感じ、天然パーマ以上にチリチリになってしまいました。過食が凄まじく、栄養も主に脂質と炭水化物だったため、野菜や海藻から栄養を摂るよう心がけ、偏りがないようにしました。
最初はケア自体してませんでしたが髪の毛自体のケアとして取り入れたことは、水泳に通っていたため、塩素でやられていた影響も少しあるのかなと思い、シャンプーとリンスに加え、トリートメント、アウトバス用のトリートメントも使用するようにし、乾燥を防ぎました。
また、夜寝る前はしっかり髪の毛を乾かしてから、摩擦で痛まないように帽子をかぶって寝るようにする事で、傷みを最小限にできます。

“思春期に直毛だった髪にうねりが出ることってある?原因について解説します” の続きを読む

頭皮がベタつく時の頭皮改善方法ってある?塩スクラブについて徹底解説!

毎日髪の毛を丁寧に洗ってケアしているにもかかわらずそれでも頭皮がべたつきやすい方の悩みが、毎日のシャンプーの代わりに塩スクラブでの頭皮ケアを取り入れることでべたつきが改善され、すっきりさらさらの髪の毛を手に入れることができます。

また、シャンプーの回数を減らすことができ、代わりに使用するものも200円前後でどこでも簡単に手に入れることができる塩なので、お財布にも優しいのが特徴です。

体に影響を及ぼす成分の含まれたプロダクトを使うわけでもないので、安心して使用できます。

“頭皮がベタつく時の頭皮改善方法ってある?塩スクラブについて徹底解説!” の続きを読む

薄毛ケアと白髪ケアを両立させることってできる?おすすめの方法はなに?

薄毛が気になるが、白髪も何とかしたい。髪の毛の悩みは複数出始めると、対処がかなり難しかったりします。
特に白髪と薄毛のデイリーケアは、なかなか両立する方法がない。
髪の毛を染める行為を単発で行う、染める時期は薄毛ケアをやめるなど、どちらかを諦めざるを得なかったりします。
しかし、本来薄毛も白髪も原因は頭皮のコンディションが悪いせいとも言えます。だとすれば、原因解決は両立可能なはず。
そんなわけで、椿オイルをケアに使うことにしました。

“薄毛ケアと白髪ケアを両立させることってできる?おすすめの方法はなに?” の続きを読む

加齢により髪の毛がうねるにはトリートメントが最適?どんな効果があるのかまとめてみた

洗い流さないトリートメントを髪の毛を乾かす前にしっかりとつけて丁寧に乾かすというようなケアしています。

髪の毛がコーティングされて水分が保たれて少しはうねりが改善されていると思います。

年齢を重ねても、艶のある若々しい髪でいたいので出来るだけ丁寧なケアをして、痛みがうねりにつながっていると思うので、髪が痛まないようなケアをしていきたいと思っています。

洗い流さないトリートメントはきれいに見せるだけでなく、髪を修復するタイプのものだと、とても髪の毛にいいと思っています。

さらに白髪サプリも髪の修復には効果があり、多くの人が使っているそうです。

その際、白髪サプリのおすすめランキングで一番効果がありそうだった黒椿を使うように決めました。

黒椿 効果

こちらのサイトを見てください。

“加齢により髪の毛がうねるにはトリートメントが最適?どんな効果があるのかまとめてみた” の続きを読む

傷みと乾燥で悪化したくせ毛にはヘアクリームが最適?乾燥におすすめのヘアケアまとめ

まず、このケアをすることによって髪の毛自体の乾燥を防ぐことが出来ます。
また、乾燥を防ぐことでバサバサと髪の毛が広がってしまうのをしっとりと抑えることが出来ますし、特に私のようなくせ毛はただでさえつやが出にくく傷んで見えてしまいがちなのですが、しっとりまとまることによってくせ毛でおつやのある綺麗な髪の毛に仕上がります。
ケアを続けることによって、特にお出掛けとかでない場合はヘアアイロンを使わなくても大丈夫なまとまり具合になったので、髪の毛を余計なダメージを与えなくて済むというメリットもあります。

“傷みと乾燥で悪化したくせ毛にはヘアクリームが最適?乾燥におすすめのヘアケアまとめ” の続きを読む

白髪染めで髪が傷んだ!ダメージケアの方法をまとめてみた

髪の毛の染め方について市販の白髪染めではなく、髪の毛のケアもできるトリートメント剤を使います。

ひと月に何回も使います。

それは、トリートメント剤なので、ケアを重視しているため、専用のシャンプーを使わないと一回で染めたところが取れたりするからです。

日頃から、染めていない時も、美容院で売っているようなシャンプーリンスを使っていくとダメージも克服され、悩みから解消されます。

美容院に行く回数は減るため、節約にもなります。

“白髪染めで髪が傷んだ!ダメージケアの方法をまとめてみた” の続きを読む

海外の水質だと髪がパサパサになる?海外に住み出して始めたヘアケアの方法

現在ヨーロッパに住んでいるのですが、水質の違いで、髪の毛を洗う度に、ぱさぱさ・ギシギシになってしまいます。
そこで私が始めたヘアケア方法は、髪の毛への負担を減らすことです。
オーガニックのシャンプーと洗い流さないトリートメントを使い始めました。
ヨーロッパへ来る前にやめたことは、ヘアカラーです。日本にいる時よりヘアケアができないのと、頻繁に美容院へ行けない(行きたくない)事が理由です。
またヨーロッパへ来てからは毎日シャンプーするのをやめ、一日おきにしています。
これらの方法で、こちらへ来てすぐのぱさぱさギシギシはなくなりました。
きっと、日本にいた時も同じことをしていたら髪の毛への負担も少ないのではないかと思います。

“海外の水質だと髪がパサパサになる?海外に住み出して始めたヘアケアの方法” の続きを読む

縮毛矯正でパサついた髪のケアと染めない選択と食事の見直し

バッサバサに死んでしまった髪の毛に、ドライヤーをする前に毎日お風呂上がりのオイルケアをすることで、髪の毛の乾燥を防ぎ、髪を守ることができます。お風呂上がりのタオルドライの髪にドライヤーを当てる前に、オイルでしっかりとコーティングケアしてから熱を当てることで、熱から髪を守ります。また、頭皮にもマッサージをしながら塗り込むことで、紫外線やダメージで荒れた頭皮を潤し、マーサージ効果で血の巡りを良くして、頭皮から髪の毛の健康を保ちます。また、好きな香りを選ぶことで、睡眠時のリラックス効果を得て、睡眠不足も解消することが目的でした。

“縮毛矯正でパサついた髪のケアと染めない選択と食事の見直し” の続きを読む

元々細い髪を欲張らずにアンチエイジングする方法

元々細い髪の毛をなるべく労り、加齢によって更に細ってしまい、髪の毛はあるのに薄い、ハゲているといういわゆるバーコードにならないように留意できます。

また、高価な育毛剤やヘアケア商品など手の込んだものを利用するのも良いのですが、返ってヘアケア商品ジプシーや、結果が上がらない事によるガッカリ感を減らし、無理せず自然のまま、ゆったりと自分の髪質と向き合う事が出来ます。

美しい髪のボリュームには憧れますが、生まれ持った自分の髪の毛です。本来のボリュームをナチュラルに活かしていけるメリットもあります。

“元々細い髪を欲張らずにアンチエイジングする方法” の続きを読む

肌に良いことってどんなこと?スキンケア初心者がやるべき5つのこと

ニキビ、肌荒れのない肌を目指すことが目的です。

その日の化粧はその日にしっかりと落とすところからです。肌に負担をかけないように洗顔にもよりますが、しっかりと泡立てることにもこだわり、もともと泡で出るタイプのもの、ネットを使うものの両方を試しました。保湿もしっかり目にしようと、安い化粧水であっても、何度も重ねて、手と頬がしっとりとくっつくまですると決めています。

これが美肌になるのかは定かではありませんが、日によってはピーリングをしたり、お風呂場で泥パックをします。またはお風呂後にぱっくをしたり、シミそばかすの目立つところには、美容液をしっかり塗り込むようにしています。

“肌に良いことってどんなこと?スキンケア初心者がやるべき5つのこと” の続きを読む